FC2ブログ

市役所でも喜ばれる


家庭裁判所から通知が来たので、それを持って市役所へ。
まずは戸籍課から。
離婚届をガリガリ書いて、離婚する前の戸籍を渡して終了。
連休明けくらいに前の戸籍があった市に電話をして、×がついた戸籍が出来上がっていたら、それを2通もらって、
1通を家庭裁判所に提出して、子供の戸籍を私に移し、1通を市役所に提出するとのこと。

それから子育て推進課と保育課へ。
どっちも混んでたので、子七を遊ばせて待っていたら、いつも応対してくれる保育課の職員さんが、
「どうしました?」って飛んできたよ。
で、離婚したって言ったら
「おめでとうございます!これで安心できますね!いや、本当によかった~!あ、じゃあ、変更手続きがあるので、えーっと……。
窓口あくまでお待ちください……」
だよねwww。だって他にも待ってる人いるのに、すっとばかしてはダメでしょう。順番は守らなきゃね。じゅんばんばん。
保育課の方が先に空いたので、先に手続きをして、子育て推進課を待っていたら、そこでも、いつも応対してくれる職員さんが
「決まりましたか!」
と、満面の笑顔。
「本当に、おめでとうございます。本当に良かった。もう、本当に良かった」
と、ご年配の女性の職員さんが涙ぐんでたわ。
うん。そんなに喜ばれる離婚だったのか。そうか。そうなのか。

でもね、この二つの課と、あと健康推進課の人達には、本当にお世話になったのだ。
生活費がまったくなくなって、このままは貯金もなくなって、子供と生活できない。と最初に泣きついたのは、健康推進課。
子供の任意で受ける予防接種のお金もだけど、その時は、子供の発達が悪くて、皮膚炎もひどくて、いろんな病院に行かなきゃいけなかったとき。
親身に相談に乗ってくれた職員のお姉さんが、保育課と子育て推進課に根回しをしてくれていたの。
だから、どちらの課にも相談に行ったときに、すんなりの話が通ったの。
離婚が成立していない以上、母子家庭ではないのだけど、事情が事情なだけに、点数を上げて、保育園に優先的に入れてくれたり、その保育料も課税証明くれないから5万円超えの満額で、払うの大変だったけど、お給料日まで保育料の納入を待ってくれたりしてくれたり、児童手当が私のところに入るようにしてくれたり。
私はいつも、人には恵まれる。
これが甘かったんだけどね。
私はいつも、人には恵まれる。
本当に人に恵まれるんだよ。
だから、向こうのご両親から話がきたときも、元ダンにあったときも、人に恵まれた結果だと思って油断してたのよね。
油断は大敵よ。
話がそれたわ。
何が言いたかったかって、
市役所の人達にまで喜ばれるような離婚だったってこと。
それっくらい、相手が普通の人間ではなかったのでしょうね。
調停員さんたちも、どっちかと言うと、離婚させることに力を入れていたし。
そんなこと、相手の親は知らないんだろうな。
きっと、可哀想な息子に浸ってるんだろうなぁ。
その可哀想な息子は、私の友人知人、さらにやお役所の人間からまでも、離婚して良かったねって言われるような息子ですよ~(笑)
さらに、さらになんですけどね。
調停員さんと裁判官さんからね。
養育費の減額請求が来たら、断固拒否してください。って言われて、ある方法を取ってくれって言われたの。
それが功を奏すか徒労に終わるかはわからないけれど、行うことに意義がある。って。
そんなことまで教えてくれる中立の立場の人って、ねえ。
ちっとも中立じゃないように思えるんですけど。
でも、自分の意見が全部押し通ってるから、中立だって信じてるんだろうなぁ。
方法については、ことが起こったときに書くわ。あと、私みたいな状況じゃないと、意味がないかもしれないし、ね。

ふー、一つずつ片付いて行ってる。
で、ところで、返してくれるって言った私の荷物は、いったいいつ返ってくるんでしょうね。
家庭裁判所に行ったときに聞いてみようかな。請求しなきゃダメっすか?って。

一夜二夜明けて


何が変わったって、何にも変わらない素晴らしさよ(笑)
相変わらずお財布の中は炎上中のままだしね(涙)

ああ、仕事もない!ではなくなって、最低賃金だけどパートでお時給もらってるから、少しずつでも、何とかなって行けるようにしたいわ。
と言うことで、再び家計簿に挑戦しようかなと。
やっぱり出金額が見えない、わからない、では貯まりようがない!
そうなのよね。私のイメージだと、貧乏な人ってお金の管理が下手くそって感じ。
まさしく私がそれなんだけどね。

前に、マネーフォワード登録したんだけど、スマホじゃない、ネットバンキングでもない、メインバンクはインターネット管理できない銀行、と、マネーフォワードのいいところが全く活用できない状態で、結局放置しちゃってたんだけど、
今度こそしっかりつけてみようかと。
わたしの家計簿と、エクセルと使って、どれが一番使いやすくて、長続きしそうか、それはやっていく中でしかわからんな。と。
細かなお小遣い稼ぎも再び始めようと。
活用できるのは、子供を保育園に預けて、仕事場に向かう朝のこの時間しかないけど。
はっ! これが朝活!
なんて(笑)
とりあえずスタバに入ってホットティー頼んだら、アンケートに答えて無料ドリンクを楽しみませんか?ってクーポンもらっちゃった。
明日はタダで飲めるかも!ラッキー☆

今日は離婚記念日


第2回調停。そこで離婚が成立した。
養育費の金額も慰謝料の請求をしないことも養育費の支払いを満20歳までではなくて成人するまでに書き換えることも
病気、進学等で費用が必要になったときに相談すると言う文言を消すことも、面会の日程を決めずに、子供が会いたいと言ったら会ってやるってことも全部まるっと同意で。
無責任夫はきっと今頃、自分の要求が全部通ったって満足してることでしょう。
私は、当然不満足だわね。譲歩してやったわって感がたっぷりよ。
でもね。
それでも、離婚できた。
これで十分だと思えるんだ。
だって、上のようなことを言ってる人間が、「妻子のことを最大限に考えてやってる。自分の努力を認められない妻が気違いだ」って、
そんなこと受け入れられなかったんだもん。
私は、とても子供のことを考えてくれてる人じゃない。って思ってる。でもその私の考えは贅沢者の世迷い事で、世の中の妻は、みんなそれを受け入れてるのが当然だって。そう言われ続けると、どんどん自分に自信がなくなって、私が変なんじゃないかって思えて来て、本当に気が狂いそうだった。
私は調停員さんに言った。
「私が彼が無責任で不誠実だって思うのは、そんなに変なことなんでしょうか。おかしなことなんでしょうか」
回答に困ってた。だって調停員さんたちは、そんなこと言えないから。中立の立場を超えることを答えることはできない。
「ごめんなさい。答えられる質問じゃありませんでしたね」と言った私に対し、女性の調停員さんが
「お七さんは、いたって普通の感覚を持ってる、立派なお母さんですよ。自信持ってくださいね」と言ってくれた。
これだけで、この言葉だけで涙が出た。
今もこれを打ちながら泣けてくる。
私は間違ってない。
私が理不尽だって思うのは、いたって普通のことで、私が変人出もなければ気が狂ってるわけでもない。
私は、私のままでいいんだ。
やっと、やっと私は、普通になれた。
私が普通だと思える環境に生息することを許された。
そして、私が普通だと思う世界で、私が普通だと思う感覚で、子供を育てることができるんだ。
小さなことに幸せを感じて、ささやかなことを楽しんで、人に迷惑をかけてはいけませんよ。社会のルールは守りましょう。
情けは人のためならずですよ。って教えることも、まったく間違いじゃない世界で!
なんて素晴らしいんだろう!
なんて素敵なんだろう!
無責任夫は言った。
「選挙権が18歳になったから、成人も18歳になる。それなのに満20歳まで養育費を支払うのは損だ。だから満20歳までじゃなくて、成人するまでにかえろ」と。
それで、成人するまでにかえた。
今後、大学行くまでが当たり前だから、成人は22歳にしましょうか。ってことになったら、どうするんだろうね。
無責任夫は言った。
「母子家庭の子供が進学するなんてありえない。中学を卒業したら就職するんだから、学費は一切払わない。だから、病気や進学等で費用が必要になった場合と言う文言を削れ」
呆れちゃうよね。
世の中にはいろいろな制度がある。そもそも公立校なら学費いらない。
そしてそれと同じ口で
「自分は、こんなにも子供の将来のことを考えて、努力しているのに、その努力を認めようとしない。そんな最低の人間は、こっちから離婚だ」
ねえ、私は頭が悪くて無学でどうしようもないクズ人間んだから、言ってることが1ミリグラムも理解できないんだ。
だれか教えてほしい。
一体、彼のどこが子供のことを考えて努力しているのか、を。
どの部分? どのあたり?
さらに彼は続けた。
「今後自分は仕事をやめて無収入になる。その時に養育費を支払うことは一切できない。自分に人間としての生活をさせない気か」
養育費って、生活費じゃないんだよ。
その違いもわからないのかい。
そもそも、無責任夫の実家はアパート経営もしてるし駐車場収入もある野菜農家さん。
仕事を辞めたとしても、専従者給与もらうでしょう。親を手伝うために仕事を辞めるんだったら、その親から財産の一部をもらってでも子供の養育費は払えよ(怒)
調停員さんが、その時は減額請求してくださいって言ってたけど。きっとさっさと減額請求してくるんだろうな。
その場合の対抗措置を今から考えておかないといけないのか。やれやれ。
男性の調停員さんが私に「勝手に減額されたらすぐに請求してください。差し押さえできますからね」と言った。
私は、この言葉が、すべての答えだと思った。
そう。
彼は無責任極まりない男で、私が誠実な人間である。と。
私は今から子供を迎えに行って、それから勝利の美酒に浸る。
人間に戻れた記念日だ。

| 本日も炎上中ホーム |