FC2ブログ

第1回目離婚調停


行って来たわ。離婚調停。
私の他にもたくさん人がいて、弁護士さんと二人の人もいれば、一人の人も。
男女も半々くらいかしら。
弁護士さんと打ち合わせしてる声はまるっと聞こえるのね。
どなたも理不尽な相手と戦ってるんだわー。って思ったわ。
で、番号が呼ばれて私の番。
調停員さんは、女性と男性の二人。どちらも優しそうな感じの人。
最初に調停の説明があって、それから私の主張。
与えられている時間は2時間。30分ずつ。
きちんと準備して行ったからね。私の主張は30分で終了。
で、また待合室で待つことに。
待つこと40分ちょっと。
いったい何をそんなに話しているのやら。
調停員Bさんが呼びに来て、再び部屋へ。
主に私の話を聞いてくれていた調停員Aさんから
「離婚に応じますとのことでした。それで、養育費は5万円って主張してきたんですけれど、給与明細を見る限り、6万円から8万円請求することができます。今後のこともありますし、間を取って7万でいかがでしょうか」
と言われたのね。
正直、5万しかくれんだろうと思ってたけど、可愛い娘の将来のためにも、もらえるものは多くもらいたいですもの。
「では、7万円で」
とお願いしたのね。
で、生活準備金という名の慰謝料だけど、私の請求額によって考えるとのこと。
正直、いくらだったら払えるのか言ってほしかったので、その旨を調停員Aさんに伝えると
AさんとBさんが同時に
「私もそう思ったんですよ。でもお七さんの言う金額で考えるって」
と。
だから「じゃあ30万で」と伝えたのね。
こともあろうか相手は財産を分与しろって言ってきたんですってよ!
調停員Aさんが、分与するような財産はありません。って伝えてくれたげな。
で、私は再び待合室へ。
私の方の時間は10分もないくらいだったのだけど、また待たされること待たされること。
やっと調停員Bさんが呼びに来たので行ったところ、調停員Aさんより
「そっちがお金を請求するなら、こっちは慰謝料を請求する。お前たちのために仕事をやめてやったんだから、あのまま仕事を続けていた分の給料を支払えって言って来たんですよ。慰謝料の裁判を起こすって」

はああああああああああ!?

って顔に出たんだろうね。調停員Aさんが
「そんなことを言ったら、お七さんからも慰謝料を請求されますよって伝えたんですけど、興奮してしまって話にならなくて」
と申し訳なさそうに。

お金は大事だよ。
あればあるだけいいよ。
欲しいに決まってる。

けれどね。

けれど私は。

お金よりも無責任で不誠実極まりない男とスッパリと縁を切る方がもっと大事なんだよ。

だから
「30万円はいりません。ですが養育費だけは7万円でお願いします。それでも慰謝料だなんだと言って来るなら、私だって仕事を辞めたくなかったのに辞めたんだから、定年まで勤めた給与と退職金を支払えって伝えてください」
とお願いしたの。

私の時間、5分もないわね。

でまた待たされること10分くらいかしら。もう12時は回っていたわ。
調停員Aさんから
「あ、わかりました。って、今度はとても素直に応じられましたよ。お金をどうしても支払いたくないようですね」
とおっしゃるので
「それって変ですよね。私たちのために転職したなら、私たちのためにお金払えるじゃないですか。人を路頭に迷わせる寸前まで追い込んでおきながら、お前たちのためだなんて言われても、私は納得できません。子供のことを考えているなら、子供が十分に生活できる費用を渡すべきです。そのために転職したんでしょう。って感じです」
と言ったところ、お二人とも大きく頷いておられました。
調停員さんだから両方に忠実で私の味方ってわけじゃないんだけど、なんだかとっても味方してくれたような気がしたわ。
最後に調停員Aさんが
「子七さんのことも考えて、お金は必要だから。よく考えてくださいね」
っておっしゃってたのね。
なんだか二人とも、無責任夫から搾り取れって暗に言ってるんじゃ……。なんて思っちゃったわ(笑)

こんなに短い時間の間にコロコロ態度と意見を変えてれば、そりゃ、人間として「なんだこの人」って思うものよね。
調停員さんも人間なんだからさ。

しっかし変なのにつかまっちゃったなああああああああ!
私としてはそんな変な人間を野に放って、人様が大切に育てたお嬢さん一人不幸にした責任を親に取ってもらいたい!って思うわ。
相手が慰謝料だなんだって言って来るなら、私はそのことも言ってみたいと思ったわ。

| 本日も炎上中ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する