FC2ブログ

市役所でも喜ばれる


家庭裁判所から通知が来たので、それを持って市役所へ。
まずは戸籍課から。
離婚届をガリガリ書いて、離婚する前の戸籍を渡して終了。
連休明けくらいに前の戸籍があった市に電話をして、×がついた戸籍が出来上がっていたら、それを2通もらって、
1通を家庭裁判所に提出して、子供の戸籍を私に移し、1通を市役所に提出するとのこと。

それから子育て推進課と保育課へ。
どっちも混んでたので、子七を遊ばせて待っていたら、いつも応対してくれる保育課の職員さんが、
「どうしました?」って飛んできたよ。
で、離婚したって言ったら
「おめでとうございます!これで安心できますね!いや、本当によかった~!あ、じゃあ、変更手続きがあるので、えーっと……。
窓口あくまでお待ちください……」
だよねwww。だって他にも待ってる人いるのに、すっとばかしてはダメでしょう。順番は守らなきゃね。じゅんばんばん。
保育課の方が先に空いたので、先に手続きをして、子育て推進課を待っていたら、そこでも、いつも応対してくれる職員さんが
「決まりましたか!」
と、満面の笑顔。
「本当に、おめでとうございます。本当に良かった。もう、本当に良かった」
と、ご年配の女性の職員さんが涙ぐんでたわ。
うん。そんなに喜ばれる離婚だったのか。そうか。そうなのか。

でもね、この二つの課と、あと健康推進課の人達には、本当にお世話になったのだ。
生活費がまったくなくなって、このままは貯金もなくなって、子供と生活できない。と最初に泣きついたのは、健康推進課。
子供の任意で受ける予防接種のお金もだけど、その時は、子供の発達が悪くて、皮膚炎もひどくて、いろんな病院に行かなきゃいけなかったとき。
親身に相談に乗ってくれた職員のお姉さんが、保育課と子育て推進課に根回しをしてくれていたの。
だから、どちらの課にも相談に行ったときに、すんなりの話が通ったの。
離婚が成立していない以上、母子家庭ではないのだけど、事情が事情なだけに、点数を上げて、保育園に優先的に入れてくれたり、その保育料も課税証明くれないから5万円超えの満額で、払うの大変だったけど、お給料日まで保育料の納入を待ってくれたりしてくれたり、児童手当が私のところに入るようにしてくれたり。
私はいつも、人には恵まれる。
これが甘かったんだけどね。
私はいつも、人には恵まれる。
本当に人に恵まれるんだよ。
だから、向こうのご両親から話がきたときも、元ダンにあったときも、人に恵まれた結果だと思って油断してたのよね。
油断は大敵よ。
話がそれたわ。
何が言いたかったかって、
市役所の人達にまで喜ばれるような離婚だったってこと。
それっくらい、相手が普通の人間ではなかったのでしょうね。
調停員さんたちも、どっちかと言うと、離婚させることに力を入れていたし。
そんなこと、相手の親は知らないんだろうな。
きっと、可哀想な息子に浸ってるんだろうなぁ。
その可哀想な息子は、私の友人知人、さらにやお役所の人間からまでも、離婚して良かったねって言われるような息子ですよ~(笑)
さらに、さらになんですけどね。
調停員さんと裁判官さんからね。
養育費の減額請求が来たら、断固拒否してください。って言われて、ある方法を取ってくれって言われたの。
それが功を奏すか徒労に終わるかはわからないけれど、行うことに意義がある。って。
そんなことまで教えてくれる中立の立場の人って、ねえ。
ちっとも中立じゃないように思えるんですけど。
でも、自分の意見が全部押し通ってるから、中立だって信じてるんだろうなぁ。
方法については、ことが起こったときに書くわ。あと、私みたいな状況じゃないと、意味がないかもしれないし、ね。

ふー、一つずつ片付いて行ってる。
で、ところで、返してくれるって言った私の荷物は、いったいいつ返ってくるんでしょうね。
家庭裁判所に行ったときに聞いてみようかな。請求しなきゃダメっすか?って。

| 本日も炎上中ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する