FC2ブログ

俺屍妄想記


子供たちが帰ってくると、ついに飛鳥の命の灯が消えようとしていました。
飛鳥は遺言を残します。

当主は、一番若い人にすること。
職業は、話し合って決めること。
当主一人で背負わず、みんなで仲良く。

当主の座を良土に託し、飛鳥、永眠。1歳7か月、初志貫徹で最初の遺言通りに4つの一族を残した人生でした。

oreshika_0013.jpeg

ここからが、月花院一族、生と死の円舞の本当の始まりです。

日路水、虹之丞七変化様と交神。
oreshika_0015.jpeg

良土は職業について悩んでいました。固定した方がいいのか、しない方がいいのか、したとしてどんな職業で固定するか……。
いつものように、花で、固定する、固定しない、固定する……としていたら、固定する、と。
そこで姉たちに相談してみます。
日路水から、「土は剣、風女子は薙刀、男子は槍、あとは指南書が見つかったときに決めてもらいましょう」と提案されます。
みんな納得の表情を見まわし、日路水は少し寂しそうに微笑むのでした。
そう、いよいよ彼女にもその時が迫って来ているのです。

oreshika_0016.jpeg

日路水の娘、久水子がやって来ました。
職業は弓使いです。
日路水は娘の訓練をします。
なかなか的に当たらないけれど、それでもニコニコしている久水子に、お気楽さん、と相性をつけ倒れてしまいます。

御前試合から妹と弟が帰ってきたのを出迎え、日路水、永眠。
優勝の喜びを分かち合う時間は、あまり残されていませんでした。

oreshika_0017.jpeg
oreshika_0018.jpeg

1歳8か月、親と過ごす時間も、子供と過ごす時間も、両方ともそれなりにあった、よい人生でした。

| 本日も炎上中ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する